セクキャバの基本的な遊び方を勉強!静岡の繁華街をエンジョイ

SexyCabaretClub

静岡セクキャバの楽しみ方って

静岡には美味しいものや観光地がたくさんあるので、どこで遊べばよいのか迷ってしまいますが、夜の静岡を感じたければセクキャバがおすすめです。
セクキャバは女の子とお酒が飲めて、さらに胸を揉むことができるお店で、お酒を飲んでエッチな気分になったら自由におさわりすることができます。キャバクラの場合は、おさわりをすると店長に注意をされますが、セクキャバならば触りたい放題なので、気持ちよくお酒を飲むことができます。料金システムもキャバクラに似ているので、普段から利用している男性にとっては親しみやすいお店でもあrます。セクキャバには照明が暗くなって、女の子と密着できる時間が用意されているので、常連になっておくとこの時間にハードなスキンシップをしてもらうことができます。どこまでがOKなのかはお店によって異なりますが、基本的には下半身へのタッチはなしになっています。しかし太ももならば問題なく触ることができるので、スカートやパンティの中に指を挿れるなどの刺激的なプレイをしなければ問題ありません。セクキャバの女の子は一般的にはかなり若いので、楽しい会話をしていると優しく接してもらえるので、刺激的なプレイを期待することができます。静岡の夜を楽しみましょう。

静岡のセクキャバに関する事

静岡は、九州の中心的な都市で、規模の大きな繁華街や歓楽街があります。キャバクラなどのお店が多いのですが、最近増えているのがセクキャバと呼ばれているおさわりありのキャバクラです。料金はキャバクラと同じくらいですが、決められた時間にイベントが行われて女の子の上半身を触ることができます。
一般的にはバストを揉む程度のおさわりですが、お店によっては女の子が膝の上に座って、ハードな感じで触ることができることもあります。下半身に関しては女の子が疲れてしまって仕事にならなくなるので、禁止されているお店が多くなっています。セクキャバは女の子の気分次第でプレイが変わるので、たくさんのお酒を注文したり、リピーターになって、毎日のように通っているとハードなサービスを受けることもできます。しかし店内ではできることが限られているので、女の子の胸をもみながらお酒を飲めるお店として認識されています。静岡ではキャバクラとセクキャバは完全に違うものとして扱われていますが、地域によってはキャバクラのお店に入るとセクキャバと同じプレイができる場合もあります。最近はキャバクラよりもセクキャバやガールズバーで遊ぶ人が増えているので、業態の変化が著しくなっています。静岡も同様です。

激戦区静岡はセクキャバが熱い

セクキャバは恋愛経験が少ない男性には、とっておきの店となっています。関東などでは「おっパブ」や「いちゃキャバ」などと呼ばれていますが、基本的には違いはないでしょう。要は多少のスキンシップがあって、店によっては胸を触ったり、キスは出来る店もあると思いますが、詳細は自分で調べるのが良いでしょう。
各店や地域によって独自のルールがあるので、より自分が好きなフェチに特化しているセクキャバ店を選ぶのが、賢い遊び方となっています。では静岡のセクキャバ事情はと言うと、これは否定のしようが無いほど盛り上がっています。
大手のチェーン店だけでなく、そこに静岡ならではの店も参入して、激しい争いが連日繰り広げられています。なぜ、毎日通っていなくても、客争いが激しいのか分かるのかというと、それはお店のホームページを見ていれば、突発的なイベントを実施したら他店も続く事や、料金の割引合戦などがあると、これは激しい争いをしていると頻繁に遊ばなくても分かります。
中州や博多では、今やキャバクラ以上に盛り上がる夜の遊びの代表格となっているのが、セクキャバです。綺麗な静岡美人と少しでも良い思い出を作りたいなら、リーズナブルに遊べるセクキャバを利用しない手はないですね。

セクキャバは海外で開店できるか?

外にはトップレスバーと言うお店が随分昔からありました。もちろん現在もあるのですが、そのサービスはお酒を飲んでいる男性客の前で、トップレスの女性がカラダをクネクネして踊っているだけと言うものです。男性客は普通にお酒を飲み、大きなおっぱい…

MORE ▶

Article List

TOP